FalconWave MPx シリーズ【開発中!】

  • FalconWave
  • 無線機

items-logo

  • 2.4GHz
  • 4.9GHz
  • 5GHz
  • その他
MPx_imgP

長距離無線LANバックホールとWi-Fiを一体化!

屋外用802.11ax対応のアクセスポイント機能と、4.9GHz帯長距離拠点間通信の同時利用が可能

 

遠く離れた場所の広域Wi-Fiエリア化が簡単に

MP-1G

長距離安定通信に適した4.9GHz帯を利用したFalconWAVE4.9G-MPに屋外向け広域Wi-Fiエリアに対応する2.4GHz/5Ghz帯アクセスポイント機能(802.11ax)を搭載した長距離無線LANネットワークシステムです。

複数の機材を設置・設定することなく拠点を広域Wi-Fiエリア化できるうえ、ブリッジ、カスケード接続することで複数の拠点間を結ぶことが可能なため、通常運用のほか大規模災害発生時の拠点間のインフラとして、また、避難場所等拠点のWi-Fiエリア化などの運用に適した無線構成となっています。

特長1

最長30kmの拠点間通信

利得19.5dBiの高利得アンテナを使用することにより、最長30km実効速度10Mbps以上のバックホール回線の構築が可能。

(近距離通信の場合、最大実効速度45Mbps)

特長2

最大1Kmの広範囲をWi-Fiエリア化

アクセスポイント用の4つの内臓アンテナによるビームフォーミング(水平方向120度)で、特定の方向へ集中して電波を放出することができるため、最大1kmの広範囲をWi-Fiエリア化することができます。

特長3

マルチポイント 複数拠点間との通信

MP-2-1

親機1台に子機4台までのバックホール通信が可能。利得19.5dBiのアンテナを利用することで、伝送距離は最大15km、各回線にて実行速度10Mbpsの確保が可能。

 

 

 

特長4

速度低下なしの中継機能

1台の無線機本体にバックホールとして4.9GHz帯の独立した無線部を持ち、カスケード通信を行うことができるため、中継時に速度低下することなく安定して通信することが可能となります。これによって中継拠点の設備数、コストを削減することが可能となります。

 

特長5

5GHz帯期間通信利用が可能

5GHz 帯での基幹伝送が可能となります。その場合、無線局登録不要です。

特長6

DFS による通信障害回避機能

5GHz 帯W53,W56 使用時にレーダ波を検知した場合、事前スキャン機能によりすぐにチャンネル変更します。

カスケード接続のイメージ

MPXカスケードイメージ

 

実測データ

現在測定中!!

 

利用イメージ

<p>離島や山間部の広域Wi-Fiで地域情報格差解消、行政情報サービスの拡充</p>のサムネイル

離島や山間部の広域Wi-Fiで地域情報格差解消、行政情報サービスの拡充

<p>化学プラントやメガソーラーなど広域エリアでのカメラ監視</p>のサムネイル

化学プラントやメガソーラーなど広域エリアでのカメラ監視

<p><strong>河川氾濫、火山噴火、地滑り等の災害監視</strong></p>のサムネイル

河川氾濫、火山噴火、地滑り等の災害監視

<p>野外イベントなどの中継</p>のサムネイル

野外イベントなどの中継

オプション

4.9G帯アンテナのサムネイル

4.9G帯アンテナ

4.9G帯アンテナ

  • FalconWave
  • アンテナ

mv_item000

 

アンテナ専門メーカーならではの技術力で、高利得と広半値角を両立した小型平面アンテナをはじめ、高利得オムニアンテナまで各種アンテナを取り揃えております。この各種アンテナ製品の組合せにより、干渉の大きいトンネル内の1㎞を超える長距離伝送特性など他社にはない無線伝送を実現しています。

 

ANT_4_5d

4.9G帯5dBiオムニアンテナ

mv_item008-1

4.9G帯10dBiオムニアンテナ

ANTF_4_16d-1

4.9G帯16dBi平面アンテナ(50°)

ANTF_4_19d-1

4.9G帯19.5dBi平面アンテナ

ANTF_4HV-1

4.9G帯V/H共用小型平面アンテナ

 

お問い合わせ

ワイヤレス環境を構築したいがノウハウも経験もない、クライアント様の課題を解決できない等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。